プリント基板設計・シミュレーション

継続が生んだ、
卓越した設計力解析力。

業歴40年以上のオンテックでは、長年のノウハウに基づく設計力と解析力を駆使し、
高品質なプリント基板の設計を行っております。

プリント基板設計/シミュレーション

解析から得た“理想のプリント基板”を、
長年培った設計力で実現します。

オンテックは、1975年の創業以来、プリント基板の設計に携わってまいりました。設計力だけが長けていても、また解析力だけが秀でていても、決して高品質なプリント基板にはなりません。その両方の力を融合し、シミュレーションによる“答え”を設計で実現することによって、本当にご満足いただけるプリント基板が生まれるのです。

豊富な実績と長年のノウハウ

プリント基板設計においては年間約2,000点(新規案件約900点)、シミュレーションに関しては年間約240点の実績を積み重ねております。高速回路基板やアナログ基板、電源基板など、多種多彩な設計実績があるオンテックでは、より高品質なプリント基板設計を目指しております。

設計・シミュレーションについて詳しくはこちら

設計から実装までの一貫体制

プリント基板設計、シミュレーション解析、基板製作、基板実装など、基板に関するさまざまなご要望にお応えいたします。

お客様目線でプラスαのご提案

プリント基板の設計事業からスタートしたオンテックでは、回路の動作を考慮したプリント基板設計を行っております。そのため、お客様の指示通りにこなすだけではなく、「こういった方法もある」というプラスαのご提案もさせていただきます。

設計・シミュレーションについて詳しくはこちら

約45台のCADと約60名の技術者

オンテックには、約60名の技術スタッフが在籍しております。さらに約45台のCADを導入していることから、複数人による同時設計が可能なので、短納期のご依頼にも柔軟に対応することができます。

当社が保有するCADについて詳しくはこちら 

5拠点で日本国内をカバー

プリント基板の設計については、大阪・横浜・名古屋・名張(三重)・福岡の5拠点で、日本全国に対応することが可能です。打ち合わせの際はお客様のもとにお伺いすることもできますので、お気軽にご相談ください。

プリント基板設計の拠点について詳しくはこちら

設計力×解析力
のメリット
  • ・シミュレーション技術を駆使した高難易度設計
  • ・基板設計の初期段階からのEMC対策が可能
  • ・最適な部品配置・配線の実現
  • ・設計の後戻りを減らして工数を低減
  • ・量産までの試作回数の低減・開発期間の短縮
  • ・製品の完成度の向上、設計のコスト削減が可能
解析例
  • ・伝送線路解析
  • ・EYE解析
  • ・PI解析
  • ・DCDCコンバーター解析
  • ・ESD(静電気)解析
  • ・EMC解析

~EMC対策の追求~
良い設計に必要なのは、「設計力と解析力のバランス」。

基板設計とノイズには密接な関係があり、基板設計が悪いとノイズは確実に増えます。また、設計力だけが突出していても基板設計時に望んだ結果は得られず、解析力だけが突出していても基板層数・面積増加といったコストや仕様面での問題が発生します。

ノイズを低減する良い設計を行うためには、ノイズの発生メカニズムの解析から得られた、“ノイズを抑え込む対策”を基板上に実現することが必要。つまり、「設計力と解析力のバランス」が重要になるのです。

オンテックではシミュレーション担当者から基板設計担当者へ、リアルタイムに解析結果をフィードバックすることで、設計段階からEMC対策を講じております。

EMC設計技術者資格 https://www.kec.jp/committee/inarte/emcde/
資格保持者 3名(2018年2月時点)

基板不具合解析

□ 電源を入れても思うように動作しない
□ どこが悪くて動作しないのかわからない
□ ノイズが多くて規格が通らない

設計・解析のノウハウを駆使し、基板における諸問題を解決へと導きます。何かお困りのことがあれば、オンテックまでお気軽にご相談ください。

お問い合わせCONTACT

“ものづくり”に関するお悩みやお困りごとがあれば、株式会社オンテックにご相談ください。
お客様の目線に立った細やかな対応で、あらゆる問題を解決へと導きます。

お問い合わせページへ