電子システム機器事業FAシステム機器事業
 
 
 
開発した専用 IC
   
  入力2本線(電源不要)、入出力3本線(出力用にのみ24V電源要)でネットワーク可能。

多数のセンサ、スイッチ、リレーを集中管理したり、 あるいは様々な機器からの入力信号に基づいて出力信号を送るようなシステムでは、一般的に、それぞれのセンサやスイッチ、 リレーからパラレルに信号線を敷設する方法が採られています。
当然、管理する回線が多くなるほど配線が複雑になり、 手間やコストもそれに比例して増大していきます。
しかし、独自の伝送方式で信号を直線的に管理する BITNETなら、シンプルな配線で1回線 最大128点(2回線まで制御可能)の入出力制御が可能。
しかも入力専用で最長2km、入出力両用で最長1kmまでの ライン延長が行えるため、大小あらゆる規模のシステムづくりに余裕で対応します。 
通信ラインで電源を供給するため、個別の電源供給が不要です(センサ電源を除く)。
 
    ●長距離に最適 BIT NET 製品紹介はこちら
●BIT NET の配線方法はこちら
 
   
1.工期の短縮を実現します。
従来の多重転送方式と比較してシンプルな配線(3芯ケーブル1本)で、最大128点の入出力が制御できます。

2.コストを大幅に削減します。

工期の短縮に伴う施工経費削減と、 伝送線などの資材の削減が可能です。

3.ノイズに強く、長距離伝送が可能です。
パワーシフト伝送方式(特許取得済み)を採用し、ノイズに強く、入力専用で最大2km、入出力で最大1kmの長距離伝送が行えます。

4.システムの応用性がワイドです。

豊富なインターフェイスユニットをラインナップしていますので、様々なシステム展開を実現いただけます。

5.メンテナンスが容易です。
もしも回線に異常が生じた場合でも、インターフェイス側で断線か、短絡かの故障モードとアドレスの検出が可能なため メンテナンスが容易です。
 
   
駐車場の車のセンサーネットワーク
工事用エレベータのセンサーネットワーク
下水道のセンサーのネットワーク
クリーンルームのFANの制御(FFU)
 
     

・異常発生の検出方法
・異常モードのデータ転送

上記の事柄についての詳しい内容はこちらをダウンロードしてご覧ください
BITNET技術資料 異常時のふるまい

 
 
 

Copyright © 2000 ONTEC CO.,LTD.All Rights Reserved